各務原市のサッカー教室はFC DRACHE(ドラッツェ)

熱中症の症状と対策

こんにちは。理学療法士の高井直樹です。
管理栄養士の友松さんと共に、熱中症について取り上げていきます。
今回は、熱中症の症状と対処についてお話させていただきます。

熱中症はとても身近な病気です。幼児から大人、高齢者までが発症する可能性がある病気です。熱中症は屋外での運動中に起こるものとイメージされている方も多いと思いますが、決してそうではありません。正しい知識を身につけることで、まずはしっかりと予防しましょう。また万が一熱中症のような症状が表れた際の対処方法についても覚えておきましょう。

まず最初に熱中症がおこる原因を考えます。
人間は体温を一定に保つことで、身体の中の機能が最適化されています。ちょうど良い体温を維持するために大切な要素は、“血流”と“発汗”です。血液の流れを調整することや、汗をかくことで身体の中の熱を外部へと伝え、熱を下げる働きをしています。
しかし、これらの機能をもってしても熱を下げることが出来ない場合には、どんどんと熱が高くなってしまいます。体温が上がることで身体の中の機能は正常に働くことができず、頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりといった症状が出現します。
また熱を下げる過程で多量の汗をかくことで、身体の中に蓄えられた成分(ミネラルや塩分・・・電解質)が身体の外に排出されてしまい、その結果として身体が思うように動かなくなることがあります。
つまり、なんらかの原因で体温が上がりすぎることや、体内の電解質バランスが崩れることで熱中症が引き起こされるということですね。

熱中症には症状の種類や重さによって3段階に分類されています。以下のように軽症のⅠ度から重症のⅢ度に分けられます。

Ⅰ度<気持ち悪さ、めまい・失神、筋肉の痙攣、手足のしびれ>
─熱失神:脳に血が回りにくくなるために起こる意識障害。
─熱痙攣:発汗により血液中の塩分濃度が低下するために起こる痛みを伴う筋肉のけいれん
Ⅱ度<頭痛、気持ち悪さ、だるさ、虚脱感>
─熱疲労:体温が高くなり、バランスを保てなくなることにより頭痛、吐き気、身体のだるさなどが起こる。多量に汗をかいたことにより水分、塩分補給が追いつかず、脱水が起こることによって起こる。
Ⅲ度<意識障害、けいれん、運動障害、体温上昇>
─熱射病:体温が40℃以上になり、脳を含む重要な臓器の機能が障害され、体温調節不全、意識障害が起こる。汗が出なくなる。

熱中症が疑われる場合の対処法は上記の分類によって判断されます。
Ⅱ度・Ⅲ度の場合、すなわち熱疲労や熱射病の症状が認められる場合には速やかに医療機関への搬送が必要となります。
Ⅰ度の場合には、症状が改善するように体温の低下や電解質の補正を試みます。
涼しい場所へ移動し、保冷パックなどで身体を冷やします。冷やす箇所は、脇や首、足の付け根などの太い血管が位置する場所が効果的です。濡らしたタオルなどを使用し、うちわで扇ぐことも効果的です。また、電解質の補給としてスポーツドリンクや経口補水液などを摂取させます。詳細は友松さんのブログへ譲ります。
Ⅰ度において、上記の対処を行っても症状が改善しない場合もあるため、付き添い者が必要となります。症状が改善せず、悪化する場合には医療機関への搬送が必要となります。

熱中症は重症になると重大な障害が出現したり、最悪の場合には生命に関わる恐い病気です。特にこれからの暑くなる季節のスポーツ活動には一層の注意が必要です。
まずは熱中症にならない予防をしっかりと行うこと、そして熱中症かなと思ったときには速やかに周囲の人に声をかけ、適切な対処をとりましょう。

一般社団法人<ruby>FC DRACHE<rt>エフシー ドラッツェ</rt></ruby>

一般社団法人FC DRACHEエフシー ドラッツェ

岐阜県各務原市のサッカークラブチーム

記事一覧へ

SNSでシェアする

Share on facebook
Share on twitter

NOW OR NEVER