各務原市のサッカー教室はFC DRACHE(ドラッツェ)

スクールコース(練習生)のご案内

こんにちは。育成年代のコーチをさせて頂いています、理学療法士の高井です。

ドラッツェにはメンバーコースとスクールコースの2種類があり、それぞれに特徴があります。今回はそれらの違いや特徴について、スクールコースを中心にお話しさせて頂きます。

メンバーコースとスクールコースの1番の違いは、”どのチームで試合に出場するか”です。また共通している事は、どちらも”同じ練習をする”事です。

メンバーコース

メンバーコースはドラッツェで選手登録を行い、ドラッツェの選手として試合に出場します。練習は平日のナイターと休日の練習や試合などに参加します。

低学年は平日2日のナイター練習に加えて土日の練習および試合で、週3日程度の活動となります。

高学年は平日3日に加えて土日の練習および試合。週4~5日間の活動となります。

また、メンバーコースは遠征や合宿などの活動があり、選手たちで衣食住を共にしたり、遠方の刺激的なチームとの交流を行う事も特徴の一つです。

スクールコース

スクールコースは他のチーム(スポーツ少年団など)で選手登録をして、自チームで試合に出場します。所属先チーム(スポーツ少年団など)の活動を優先する事になるため、主に平日のナイター練習に参加するコースです。活動は平日2回のナイター練習のみとなります。

所属チームの活動との兼ね合いで、遠征や合宿への参加はほとんどありません。

スクールコースのメリット

スクールコースのメリットは自チームの選手より練習が多くできる事です。

多くのスポーツ少年団は休日(土日祝日)のみに活動日が限定されます。活動日は練習の他に公式戦や練習試合などの予定が入ることがあり、相対的に活動日の多くを”試合”に費やすこととなります。試合を多く経験する事は魅力的であり、選手の成長には不可欠なことです。勝敗や試合の中でしか得られない経験が多くあるため、試合数が多い事は素晴らしい事です。

しかし、試合は日々の練習の成果を発揮するための発表の場であることを忘れてはいけません。

特に小学生年代においては技術的な成長が著しい時期です。ボールを巧みに扱う技術を養う事で選手たちのサッカーのレベルは向上していきます。技術的な成長のためにはボールに触る回数やボールに関わる回数を増やす事が重要となります。練習と試合では、どちらが多くボールに触わったり関わったりできるでしょうか。試合では、出場する16人に対してボールは1つ。当然、練習の方がボールに関わる機会が多いですよね。

スクールコースでは休日の活動に加えて、平日にも練習時間を確保する事ができるため、選手の成長に結びつくことは間違いありません。

ドラッツェの練習で上手くなる理由

以前投稿した小学生・中学生サッカーで最も重要な事でもお話させていただきましたが、ドラッツェでは以下の点に重きを置いています。

  • ボールにたくさん関わる事
  • 思考を養う事
  • 長所に依存させ過ぎない事
  • 努力の成果を大切にする事に

ドラッツェでは上手い下手に関わらず、ボールに関わる回数が非常に多い練習メニューを基本としています。とにかくボールと関わる事で成功や失敗が必然的に多く産まれ、そこから思考や努力に繋がる機会を増やします。

”見てるだけ”より、たくさんプレーした方が当然上達しますよね。

クラブチームってどんなとこ?でもお話しましたが、ドラッツェは”上手い選手が集まる場”ではありません。今は下手だけど、もっと上手くなりたい、友達に追い付きたい、もっと技術をつけたい、といった選手にとっても最適な場でもあります。

スクールコースであれば自チームに所属しながら、更にステップアップする事が可能です。現在、スポーツ少年団に所属しており、”もっと成長したい”とお考えの方は一度ドラッツェのスクールコースをお試しください。

岐阜、各務原のサッカーをもっとレベルアップさせていきましょう。

練習日、会場についてはホームページよりご確認頂けます。ご不明な点があればメール、お電話にてお気軽にお問合せくださいますよう宜しくお願い致します。

▼公式サイト▼
https://fc-drache.or.jp
▼Facebook▼
https://facebook.com/football.club.drache/
▼Instagram▼
https://www.instagram.com/kakamigahara_drache/
▼Twitter▼
https://twitter.com/fc_drache/

一般社団法人<ruby>FC DRACHE<rt>エフシー ドラッツェ</rt></ruby>

一般社団法人FC DRACHEエフシー ドラッツェ

岐阜県各務原市のサッカークラブチーム

記事一覧へ

SNSでシェアする

Share on facebook
Share on twitter

NOW OR NEVER